ダイエット 続かない人への最強のアドバイスとコツ

ダイエット

結論から書きますと、ダイエットは痩せて終わりではありません。

痩せるためのフェーズと、体系を維持するフェーズがあります。

ダイエットをしようと思うきっかけはいろいろとあると思います。

「ダイエットをしてきれいな身体を作りたい」

「ダイエットをして異性にもてたい」

「ダイエットをしてファッションを楽しみたい」

「ダイエットをして健康診断で正常値になりたい」

「健康で長生きしたい」

などなど。きっかけはどうあれ、ダイエットをしたいという気持ちになったのであれば、その時の持ちうる知識で行動したでしょう。

ダイエットと一言で言っても、納豆ばかり食べたり、リンゴばか利食べたり、メディアの情報に左右されてきた方も多いと思います。

まずは、正しい知識を得ることが必要ですが、今回は、正しい知識は理解している前提で進めていきます。

(ちなみに正しい知識とは、超簡単に言うと、消費カロリー>摂取カロリーです。)

ケトジェニックダイエットなどもありますが、私は脂を摂取することに抵抗があり経験しておりませんので、ケトジェニックダイエットはここでは致しません。

私は、2年前に、健康診断で中性脂肪や、尿酸値の数値悪化しました。当時の体重は87kgでした。伸長は178cm。典型的な中肉中背。腹が出てるが着やせしてごまかしていたタイプでした。

このままでは、子どもの成人式とかむかえられないんじゃない?長生きしても病気で苦しみながらじゃつらくない?いつまでも世を忍ぶ仮の姿のままではつらくないか?ジャケット脱ぎたい。などなど、欲求があふれてきました。

そこで、anytime fitnessに入会して、ダイエットを開始し、毎日ジム通いをし、半年で、78kgに、1年後には、72kgになりました。2年経った現在は、69kgを維持しております。

私もデブ出身者🐷のわがままボディだったので、なかなか結果を出せない方の気持ちが痛いほど分かります。

もとデブだから書ける内容を書いていければと思っております。

しかし、以下のコツをつかむことで、だれでもダイエットを続けて理想の自分に近づくことが可能です。

ダイエットが続かないひとのために最強のコツをお伝えします

実際に何度もチャレンジしたけど全てうまくいかなかった  →ハードルが高すぎるのが原因です。

ダイエットを決意したときは精神面のパワーがとても強い状態です。ですので、「よし、今日から毎日2時間筋トレしよう」となります。

これが間違えです。毎日2時間と初めから飛ばしてしまって、1日さぼって、2日さぼりがちになり、3日・・・1週間さぼり、もういいやとなる。

自分は意志が弱いのでつづかないでいつも挫折してしまう。 →目標が高すぎる

人の気持ちにはムラがあります。やる気に満ちている場合もあるし、疲れて早く寝たい、家でテレビをみてだらだらしたいというときもあると思います。(ちなみに、夜のだらだらテレビを見て過ごす時間が、脳みそにも自分の精神、肉体どちらにもマイナスです。ジムで運動しながらテレビをみてください。余談ですが、ジムでテレビをみると、家で見る時よりもつまらなくないですか?そうです。優先順位が筋トレの時って、大抵のテレビがあまり面白くないんです。)

ダイエットは一生続くものと認識する。

減量のタームと、現状維持のターム、どちらも気を抜いてはいけない。
好きなものを好きなだけ食べる生活習慣とは今後一生さようならをする。

ダイエットのコツ1 食べ物の成分に注目する。

糖質と、脂質が合わさると、極上の旨さです。ラーメン、てんぷら、とんかつ、つけ麺、おいしいですよね~。

が、血糖値が一気に上昇し、その後一気に下落するため、すぐに腹が減る。

また、スナック菓子などを食べたときに皆さん経験があると思うが、次から次へと、手が止まらず、気が付いたら一袋食べ終わっていたということが何度もあるはず。

スナック菓子の袋を開けたら最後、脳が誘惑に負けて理性の歯止めが効かなくなります。脳をだます”止まらなくなる魔法のレシピ”ですが、ダイエッターにとっては悪魔の魔法です。

コツ!家にスナック菓子を置かない。

野菜をめちゃくちゃ食べる。

主食を1食は抜く。(最終目標は一日糖質80gまでにする。)

身体を動かすことを習慣化する。

実際の私のやり方について

食前または食後は、必ず運動するようにする。(絶対的に重要なルール)

お昼休みが1時間の場合、昼食20分、残り45分はウォーキング(またはジョギング)をする。

夕食後(または前)は、ジムに行く。

私の場合は、食事をした後、ゆったりモードになるまえに、「食べた分のエネルギーを消費せねば!」との思考回路が強制的に成り立つように習慣化しております。(実はこれがすごく重要なポイント)ですので、食後はウォーキング、ランニング、筋トレなどを行う生活習慣が出来上がっております。

これは、寝る前に歯磨きをすることと同じ原理です。歯を磨か無ければ、虫歯になる。運動しなければ肥満になる。虫歯は痛いので、歯磨きする人は多いです。しかし、肥満は長期化しなければ痛くもかゆくもありません。でも病気となってからでは遅いですよね。

歯磨きも重要ですが、それよりも毎日の運動は重要なのではないかとすら思っております。

ダイエットのコツ2 カロリーが高いものほど満腹になる!は大きな間違え!

カロリーって私は基礎代謝が1700kcal程です。1700kcal取らなくてもお腹はすきませんし、元気です。恐らく3食野菜がメインの食事でもしっかりタンパク質も摂取できていれば、カロリー低くても満足する食事、身体が喜ぶ食事を摂取できていると考えます。

そう、カロリーが低いものでも量をたくさん食べると満腹になります。

サラダをオリーブオイルと塩で食べることが多いですが、大皿で3皿も食べるとお腹いっぱいになります。カロリーはオリーブオイルのカロリーがほぼすべてだと思います。いって100kcakから300kcalですが、満腹です。

ショートケーキを3ピース食べると、1,000kcalです。ビュッフェスタイルのレストランで3ピース食べられますよね。

カロリーは満腹のサインとは無関係なので、低カロリーの物を沢山食べても満腹になるということを覚えておきましょう。

また、ドーナツは真ん中に穴が開いているから0カロリーとか、

駅弁を新幹線の中で食べると、カロリーがスピードについてこられないからカロリー0とか、

そういった甘い言葉に気を付けてください。

ダイエットのコツ3 加工品を食べない。

加工品は、原料をみると、様々な隠し味、化学調味料、増粘多糖類などの糖、脂肪をつかいおいしくしております。

さきほども言いましたが、糖と脂肪は最強の魔法です。最凶の魔法です。美味しくて美味しくて、お腹が空いていないのに”おいしいから”という理由でバクバク食べて、腹がパンパンで苦しくなり、最終的に後悔してしまいます。

ダイエットのためでもあるし、健康寿命を延ばすためにも、味付けは薄味でシンプルなものにしましょう。そういった食事を続けていれば、加工食品の人工的な味を受け付けなくなる体質になります。

元の形をしていない者はなるべく口に入れないように心がけてください。

私は、ダイエットする前は、焼肉が大好きで、牛カルビや牛タン塩とライスをほとんど噛まずに胃袋に突っ込むことに、極上の幸せを感じておりました。しかし、食生活を変えた今では、脂ののった牛肉や豚肉をたべると唇が腫れ上がるため食べられなくなりました。今の私の体は欲していない物質なのです。

↓食事に関して、おすすめのtwitterです。

尾形先生がおすすめしている食に関する本📚

ダイエットのコツ4 脳を騙す。騙したうえで、必ず運動をする!

こういう写真をみると、きついのは嫌だ!と、拒絶反応を示してしまう方。おおいですよね。

でも、ジムで筋トレしている人って、はたから見ると「キツそうだな~」と見えますが、本人はとても楽しんでいるんですよ。意外でしょ?追い込めば追い込むほど幸福感があふれてきて、苦しみはスッと抜けていくんです。

さて、食事制限だけのダイエットは自分の意志との戦い。誘惑との戦い。

 それはキツすぎます。筋トレの100倍以上キツイです。

 人間は、食事制限と戦っている際に、他のストレスを与えてやることで、そのストレスを忘れることができる動物です。

例えば、メンタルヘルスを患っている人が、筋トレに出会い復活した話をよく聞きますよね。

また、玉ねぎのみじん切りをしている時に、飴玉をなめながらすると涙が出ないことも有名です。

しゃっくりが止まらないときにレモンをかじるとしゃっくりが止まることも有名です。

 「脳は、一つのストレスにしか対応できず、肉体のストレスの方を優先して処理する。」のです。

ですので、肉体的にキツイことをしてストレスを与えると、そっちの処理に全神経が行くので、心の方のストレスとか悩みが軽くなって前向きになったり、明るくポジティブになったりすることができます。

食べ物を我慢するのってつらいので、「たべた~~い」って我慢耐久モードになったら、外に出てジョギング、ウォーキング、筋トレをしに行きましょう。

我慢モードをすっかり忘れることができるはずです。

気合いだけではダイエットは成功しませんし、常に何かを我慢したり、耐えたりしている状態は精神衛生上よくないので、こういった脳を騙す工夫、環境を変える工夫など、できうる工夫は全て試していきましょう。

まずは、毎日身体を動かす仕組みづくりを真剣に考えましょう。

1日10,000歩でもよいですし、ジムに行って運動するでもよいですし、食べたら運動するというルーティーンを完成させ、運動しなかったら気持ちが悪いという習慣を体になじませることが大切です。

騙されたと思ってやってみてください。

なにか、質問やお悩みがあればコメント欄からメッセージをおくってください。

私の経験からお答えできるものは一生懸命お答えしたいと思います。

この続きは後日公開いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました