【FXトレード】三平式RCIトレード 2月17日~ 第8週目

FX

2020年は利益を出せるトレーダーになるよう精進いたしますが、今は修行の身。利益を出すことよりも「とにかく良い経験値を積む」ことを優先してトレードをします。1,000本ノック第7週目です。

昨年年度末に、三平式RCIを購入してから、2019年年末で一通り読み込みました。

三平式 RCIを用いた教科書を買ってみた
以前からとても気になっていた教科書「三平式RCIを用いたトレード教科書」を購入いたしました。三平さんはFXで結果を残しているtwitterで先出でエントリー・エグジット情報を公開しており、ミラートレードもOKな三平さん。2...

まだまだ理解が不足している箇所があると思いますが、教科書を完全にすべて理解してから取り組むのではなく、ある程度理解して取引しながら、都度修正していく方法を選択しました。

このブログでは、勝っても負けても結果を載せていきます。教科書通りにうまくトレードできなくてロスカットになるかもしれないし、とんとん拍子で金額が増えていくかもしれません。どうなるかはわかりませんが、成長過程を残していきます。

三平式RCI 1,000本ノック第8週目のトレード

第8週は、5トレードして、5勝0敗0分け +523円 

今週の具体的なエントリー箇所は、前々回のブログで書いた「今週のトレードの参考にしたチャート」で書いた方法です。今週は全勝でした。

1時間足でのエントリー。5分足のサインを基にエントリー。

今週、常に気を付けていたことは、逆行した時に直ぐに難平を打つのではなく、損切りを考えることです。10pips動いたら損切りできるところで、エントリーする。つまり、抵抗直近でのエントリーを心がけました。

2月17日(月) 

ノーエントリー

2月18日(火)

ノーエントリー

2月19日(水)

ノーエントリー

2月20日(木)

ノーエントリー

GBPUSDがそろそろいい形になってきたなぁと、チャンスをうかがい始める。

2月21日(金)  【三平式RCI+天才チャート】

GBPUSDが1時間足できれいな形。(三本とも底から這いあがろうと上向き。)図のちょうど緑色の縦線のところです。1時間足の長期線を目安にトレードしています。

ロングのチャンスだけ虎視眈々と狙う。

5分足で、天才チャートと三平式RCIを組み合わせてトレードした感じです。

初めのエントリーは、1時間足MA(天才チャート)での跳ね返り かつ、RCIの短期線でのエントリー。

2回目のエントリーは、15分足MA(天才チャート)の反発とRCI短期線でのエントリー

下図。RCI短期線でのエントリー(これも天才チャートの15分足MAでの反発がセット)

利益確定は、水色の線を実体で割り込んだから。

損切りは、前回安値の少し下。

この日はとてもうまくトレードが出来ました。

1,000本ノック成績

先週の惨敗が響いており、残金7,893円からの再スタート。最小ロットでのトレードなので、pipsは1日で、まあまあ取れたけど、500円ちょっとしか利益が乗らない。悲しすぎるけど、練習の身。耐え忍ぶ!!負けなかったので無駄打ちせずに済んだけど、これが負けが連続すると、崩れてしまうのではないかと少し不安があります。

tom
tom

1時間足ベースのトレードはチャンスは少ないかもしれないけどストレス無いので、今のところお気に入りです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました